ハーデンベルギア
IMG_2607_5_1.JPG
学 名  Hardenbergia violacea
科 名  マメ科
園芸分類 常緑つる性植物
原産地  オーストラリア
色々な変異種がありますが、日本に導入されているのは1種類のみです。
早春に濃い紫色の花を株一面に咲かせ、つるがほかのものにからんで伸び上がります。
刈りこんで低木状に育てたものや、行灯仕立てのものが出回ります。
○ 開花時期
3〜4月
○ 植え場所
半日陰から日の当たる場所で良く育ちます。
冬は、若木や若いつるは寒さで傷みますが、木質化した芽は耐寒性があるので、寒風の当たらない軒下などに置きます。
○ 水やり
腰水など、水がたまるような状態は好ましくありません。
土の表面が乾いたころに、たっぷりと与えます。
○ 花後の管理
花がらを摘み取るほか、つるが良く伸びるので、ときどき切戻しをして姿を整えるようにします。