アッツ桜
IMG_2730_2_1.JPG
学 名   Rhodohypoxis baurii
科 名  コキンバイザサ科
園芸分類 半耐寒性球根
原産地  南アフリカ
白くけば立った細い葉と、赤の可愛らしい花のコントラストが印象的です。
アッツ桜というのは俗称で、正しくはロードヒポキシスといいます。
○ 開花時期
4〜6月
○ 置き場所
球根を植えるときは、4号鉢に対し6球くらいがちょうどよいです。
3月上旬に球根を植えて、最低15℃の温度管理を行なえば、4月から開花が始まります。
花が咲いている間は、なるべく日当たりのよい場所で管理しましょう。
そうすると、花色のあせ方が少なく、長く観賞することができます。
花がらは、こまめに取りましょう。
開花後は涼しい戸外で管理して、夏は遮光します。
○ 水やり
乾燥を嫌うので、生育中は毎日少量ずつ与えましょう。
○ 肥料
球根植物なので、花後の葉が茂る時期の肥料が、翌年の開花を左右します。
花が終わったら、2千倍程に薄めた液体肥料を週に1回与えるか、緩効性の固形肥料を1回与えます。