アジサイ
学 名  Hydrangea
科 名  アジサイ科
原産地  日本
花言葉  移り気 元気な女性
アジサイは、世界に広く親しまれている日本産の落葉低木で、梅雨の時期に咲く代表的な花木です。
丈夫で育てやすく、乾燥しないように気をつければ、鉢植えでも庭植えでも容易に栽培する事が出来ます。
○ 開花時期
5〜7月
○ 管理のポイント
日光を好みますが、強すぎると葉が焼けてしまいます。
そこで、最初から半日陰( 一日のうち半日だけ日が当たるような建物の東側や、木漏れ日が注ぐような場所 )で管理します。
○ 水やり
土が乾いたらたっぷり水を与えます。
アジサイは乾燥に弱い為、特に開花中は水切れを起こさないようにします。
○ 肥料
肥料は、お礼肥といって花が終わった後と、12〜2月頃の年に2回与えます。
油粕6・骨粉3・化成肥料1 くらいの割合で株のまわりの土にすき込みます( 又は緩効性化成肥料 )
アジサイは多肥を好みますが、与えすぎると花が咲かなくなってきます。
品種にもよりますが、アジサイの花色は、土壌の酸度(PH)が低い(酸性)時は青色に、高い時(アルカリ性)は赤色に変化します。
日本の土壌は、ほとんど酸性ですが、最近は青い花や赤い花を咲かせる専用の肥料が販売されているので花色を変えたり、より鮮やかな色の花を咲かせたりしたい時に使用してみると良いでしょう。
○ 今、人気のアジサイ
フェアリーアイ
舞姫
ダンスパーティ