秋明菊
学 名  Anemone hupehensis var. japonica
別 名  貴船菊 (キブネギク)
科 名  キンポウゲ科
原産地  中国
花言葉  忍耐 薄れゆく愛
秋明菊は、秋に菊のような花を咲かせる事から、このように呼ばれています。
しかし、菊の仲間ではなく、キンポウゲ科・アネモネ属の多年草です。
京都・貴船山周辺に多く咲いていた事から、貴船菊という別名もあります。
花色は、ピンク・白・紫 等があり、花びらに見える部分は、萼(ガク)が変化したものです。
○ 開花時期
9〜11月
○ 管理のポイント
秋明菊は、半日陰でやや湿り気のある場所を好みます。
水は、土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。
○ 花が咲き終わったら
花が咲いていた茎を切り戻しします。
冬になると地上部分が枯れますので、枯れた部分は取り除いておきましょう。